2019年新型フィット

2019年新型フィットは買った方が良いのか?

ついに新型ホンダフィットが発売されます。
2019年10月頃を予定していて日本の第二繁忙期である9月頃には予約というか契約できるスケジュールになっているようですね。

これは主に日本向けの車種だけにそういうスケジュール感になっていてもおかしくないでしょう。
久々のホンダでは登録車では売れる車種の新型車ではないでしょうか。

 

最近でもCR-V、インサイトなど悪くはない新型車が発表されたものの売れ行きはご覧の通りで今一つです。
ホンダフィットは小型車で車体価格が安く、ハイブリッドもありますからきっと売れる車種になるでしょう。

 

燃費が良いハイブリッド?

ハイブリッドは燃費が良いのは当然ですが新型フィットのハイブリッドはその中でも更に良さそうです。
実燃費ではホンダの2モーターハイブリッドは定評がありとにかく「燃費が良い」ということなのです。

 

ちなみに同方式のハイブリッド1.5L車であるホンダインサイトの軽装備のLXというグレードは25〜26km/Lもの実燃費を記録しています。
これはプリウスを上回る実燃費です。

 

実はホンダはすでにトヨタプリウスを上回る燃費性であるハイブリッド車を販売しているという事実があるんですね。
ただいろいろ事情があってか?メディアでは触れられませんよね。
まあ実燃費というのは測り方でどうとでもなったりしますからハッキリしない話なのでメディアでは余り大きな声では言わないのかも知れません。

 

ただ新型ホンダフィットも1.5Lハイブリッドで小型車用に改良される見込みですから更に燃費が良くなってアクアよりもきっと実燃費は良いでしょう。
そのくらい経済性が高い仕様となるのでこれは要チェックですね。

 

外観は上記の通り変わらないかと

外観については↑のカモフラージュ柄の車体と一緒です。
まあキープコンセプトというかいつものフィットと同じカタチになるのではないかと言えます。
特別にデザインに凝った新型が出るということはないものと考えて良さそうです。

 

ただ見た目的には一新されて新しいデザイン性になるので目を引くようなモノに仕上がってくると思います。
やはり新型だというインパクトはあるでしょうからフィットは意外とデザイン性は良いんですよねー。

 

コンパクトカーだからと言って侮れません。

 

ホンダセンシング(安全装備)は進化

最近のホンダセンシング(安全装備)は高い性能になっています。
N-BOXもそうですが軽自動車でもコンパクトカーでもほぼ同じ性能の安全装備になるでしょう。
自動ブレーキも高性能で普通に止まりますし、クルーズコントロールも普通に追従してくれる性能になっています。

 

ホンダの安全装備もやっと安全になったなという印象ですね。

 

新型ホンダフィットは買いか?

これはストロングバイですね。
燃費が良いのと安全装備が性能が良くなったということでN-BOXよりも買う理由があります。
軽自動車は安全性が今ひとつなので(車体が弱い)普通車の方が事故のときに安全です。

 

そういう意味でも軽自動車より普通車という人は今増えています。
またフィットの走行も中々良く次期型は完全にモーターで走るので快適でしょう。
ちょうど日産ノートのようなシリーズハイブリッドのような機構なので半分、電気自動車なんですよね。

 

また3気筒のターボ車も噂されているのでターボが気になる方にも朗報です。

 

車買取 群馬